現金がなくても、買い物や食事、旅行にだって行けちゃうクレジットカードは、ほんと便利なアイテムです。それもあって、今やカードを持っていない人のほうが珍しいくらいですからね。

その便利さも、現在では更に使いやすくなっていますし、クレジットカード払いでのネットショッピングやポイントサービスの普及で、クレジットカードの利用率というのは年々高くなっているようです。

card-cashing0202.jpg

そのクレジットカードに、ほぼ付帯しているのがキャッシングのサービスです。元々クレジットカードというのは、無担保で貸し出しをするシステムになっていますよね。

そのシステム内容としてあげられるサービスがおおむね2つあって、ショッピングにクレジットカードを使用する方法とキャッシングにクレジットカードを使用する方法です。

ショッピングの場合は、支払い時にクレジットカードで支払いをできるわけですが、支払日までは、立て替え払いをクレジットカード会社がしている状態ということになります。

そして、キャッシングの場合。通常、銀行などでお金を借りる場合には、担保を必要とすることがありますよね。しかし、クレジットカードのキャッシングは無担保での借り入れができるんです。

お金を借入れする場所についても、そのままクレジットカードを使って、提携しているATMやコンビニなどのATMでキャッシングを利用することができるんですよ。

つまり、消費者金融や信販会社などのローンカードのように、いつでもどこでも自分が利用したいときに使える(キャッシングで借入できる)ということになるわけです。

このクレジットカードのキャッシング機能に関しては、利用度がかなり高いといわれています。いつでも借り入れができるという使い勝手の良さから、やはり利用度も高くなっているようですね。

クレジットカードの申し込みをするときやクレジットカードを比較するときなど、気にする項目にポイントがある筈。どうせなら、お得にクレジットカードを利用したいですからね。

もともとクレジットカードというのは、ほとんどの物がポイント制になっています。ただ、そのポイント還元率がクレジットカード会社によってそれぞれ変わってくるんです。

例えば、カード会社で一般に多く使われているのが200円→1ポイントです。10,000円利用すればポイントは50ポイント。パーセントで考えれば0.5%ということになります。

point0101.jpg

しかし中には、三井住友VISAクラッシックカードや三井住友VISAアミティエカードなどのように、それにプラスして一定の利用額を超えた場合に還元率が高くなったりするようなカードもあります。

クレジットカードを使うときに、より多くのポイントを貯めたいと考えるのなら、こういった還元率の高いクレジットカードを持つようにすることが必要になります。

クレジットカードの種類によっては、この還元率を2%や3%に設定している会社もありますからね。クレジットカードポイント比較をしてみると良いと思います。

もちろん比較といっても、そこには年会費という壁もあると思いますし、還元率だけではなく総合した金額というものも比較する対象になることを考えておいてくださいね。